<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブレインタンの革ひもの販売

久々に作業日誌を更新しました。
ブレインタンの革ひもの販売について紹介しています。
作業日誌「ブレインタンの革ひもの販売」
[PR]
by oglala-beads | 2013-07-25 11:44

スズメバチ対策

レディーの訓練中に、警戒体勢のスズメバチに遭遇する機会が増えてきました。対策としては、まずは彼らが営巣していそうな場所に近づかないこと。次に見回りが来た時はそこから奥に進まないこと。しかし、どうしても木々が密集した急な沢を降りなければならないこともあります。保険としてハチノックのSを常に携帯しており、何度か事無きを得ました。しかし毎回全量噴射するので、その度に送料込み1500円が飛びます。そこで代用品が無いか調べてみました。

殺虫成分のピレスロイドの内、スズメバチに良く効くとされている(理由は分からないが実効力がある)のがプラレトリン。しかしこれが使用されている殺虫剤は殆ど蜂用のもので高価格で、しかもジェットタイプです。他のピレスロイドを調べたところ、フタルスリンは即効性が高く. レスメトリンは致死性が高いことが分かりました。これらが主成分の殺虫剤のうち入手しやすいものは、キンチョールとフマキラーA。アマゾンでの価格比較では、キンチョールの450mlが548円に対し、フマキラーAが450mlの2本パックで620円。違いは、ガス量がキンチョールに対してフマキラーが多く、その代わり有効ピレスロイドがキンチョールがフマキラーの倍とのこと。確かにフマキラーはハエに対しても、確かに薬剤がかかっているのに落ちない事や即効性が薄い様に感じておりました。また、以前から「キンチョールが良い」とハチに詳しい人から聞く機会も多く、それとも符号しています。

またキンチョールは300mlの小容量缶もあるので、日々の訓練や有害鳥獣捕獲の際の携帯にはこちらが便利そうです。

ただ、いずれにしましても、煙幕の様なもので、これを噴射しながら速やかにその場を立ち去るのがポイントの様に思います。というのも、一度キンキンに怒り狂って攻撃フェロモンが雨の様に降り注いでいるコガタスズメバチの群れに市販のハチジェットを使用した事がありますが、薬剤がかかって一度落ちても、30秒以内は再び飛び上がって更に攻撃フェロモンをかけ続けていました。
[PR]
by oglala-beads | 2013-07-24 11:56

移住3年祝賀会

今年の5月で引っ越して来てから3年が経ちました。それを祝って、当時の役場の担当の方が中心となって、祝賀会を開いて頂きました。
よく言われる様に、3年のうち、最初の1年はお客さんの様なもので、どこに行っても笑顔が待っていましたが、3年を経過した頃から色々な軋轢も経験する様になりました。幸い村では難しい事を言われる事もなく、こちらも出来ない事を無理することもなくなり、肩の力が抜けて来た様に思います。

私にとって住処は、仕事上の資源(鹿)が豊富であることが第一条件でありますが、それと同等に周辺住民の理解の有無が必要です。もちろんそれは普段の付き合いから生まれてくる部分が大きいです。または他人を排して完全な荒野に住むのか。自分一人であればそういう生き方もあるかとは思いますが。

今後駆除が進んでゆけば、将来どうなるかは不明ですが、現在は鹿を資源として必要としている私の利益と、その鹿の駆除を必要としている村の利益とが非常に良い具合に合致していると思います。これは単純な事の様ですが、このバランスを決めるのは利益という関係だけではなく、色々な要素の複雑な絡み付きによって成立しています。

よくこちらの友人に「岡居は多分、ずっとここには留まっていないと思う。明日突然”俺、カナダに引っ越すから”と言われても驚かないよ」と言われます。しかし、この現在のバランスがある限りは新たな拠点を探す必要は何ら感じません。

しかし、「ここに骨を埋めよう」と思っていた過去3年と違って、「自分自身に本当に必要なもの、自分自身の望みは何なのか」を考える事が出来る様になりました。
[PR]
by oglala-beads | 2013-07-23 16:16

射撃講習会

兵庫県但馬県民局のハンター育成事業である狩猟マイスター育成スクールの、フォローアップ講習として、スラッグ射撃静的の講師を拝命しております。早い話が、県の射撃スクールの先生です。

去年から小規模な会から時々、講師の依頼を頂いており、法律で許されている範囲内でお手伝いさせて頂いてきましたが、本格的なものは初めて。人見知りの激しい私に務まるのか不安でしたが、一方で散々自分自身で苦労して覚えた分、生々しい体験として伝えることが出来るかと思い、引き受けた次第です。また、ビーズ教室等で私の講義は分かりやすいと評判が良かったので、そういった事にも後押しして頂いた形になりました。

その一回目の講義がこの連休の中日に催され、京北射撃場に出掛けて参りました。途中大雨で射撃レーンが滝になる等のトラブルはありましたが、成果も上場だった様で安堵しました。

思えば、鉄砲に全く興味が無い状態から始め、騙されて故障した鉄砲を売り付けられた事から、自分で構造を研究しました。射撃自体も、スラッグの反動がストレスだったところから、一匹目の獲物となった猪の子供を即死させられなかった、その悲鳴がトラウマとなって、まるでそこから逃げるようにして毎日毎日、出来る限りの努力をしてきました。

気がつくと、最初は私の、当日に限ってムースを付けすぎた硬ヤキソバ状態の頭を見て、この兄ちゃん大丈夫かと不安気だった受講生の方々に、講義が進むにつれて、そんな体験から来るアドバイスを必要として頂ける存在になっていました。

実績も何もない私を、信じて掬い上げて下さった県の担当者の上田剛平氏、そして私に極めて高度な理想として超然とその方向を示し続けている師匠の阿部達也氏、また唯一の先輩として温かく見守ってくれている鈴木亨氏、同じく後輩の牧野翔太氏、そして頑固な私の猟に、今まで色々な形で関わって下さった全ての方、OGLALAを支えて下さってきた全ての皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。also, especially thanks to my wife.
[PR]
by oglala-beads | 2013-07-16 14:11

ファッションショーに出演

豊岡市を拠点に、世界で活躍するデザイナーの由利佳一郎氏。もう一月程前の話になりますが、そんな彼のファッションショーにモデルとして出演いたしました。当日はミス浴衣美人の方等もいらしたのですが、怖がられていた様で、視線すら合う事が無かったです。こんな成りなので仕方ありませんね。
e0114922_12263385.jpg

この衣装は自前で、鞄を引き立たせる様に選んだものです。由利さんのデザインはもっと自由で動的だけどカチっとしています。包容力があるので、和には勿論、世界の色んなスタイルに溶けますが、自分なりの解釈で今回はフレンチのソフトスーツに、15年程昔のアニエスbの生成りの長尺のステンカラーコートを合わせました。
他の出演者の方が躍動的な中で、由利さんが私に期待したのは静的だったそうです。アクセントとしての役割は果たせた様で、ホッとしました。

若い女性には視線も合わせて頂けませんでしたが、外国人の方や妙齢の女性にはすこぶる人気がありました。
e0114922_12271366.png

[PR]
by oglala-beads | 2013-07-08 12:28

本を買うのも情報提供?

久しぶりに美容室に行きました。5年ぶりぐらいだと思います。パーマをあてたかったのです。こんな感じになりました。
e0114922_1013680.jpg

人見知りをする上に気を使うので、会話が苦痛です。そこで本を持って行きました。しかし、それが原因で余計なことを言ってしまいました。「自分は本を読んだことがないが、これでは駄目だと読もうと思っている」というおべっかに、必要ないなら読まないに越したことはない、本を読むのも知識欲で、欲は少ない方が幸せに思う、と。我ながら浅はかな事を。

私は左よりの考えを持っていますが、革命に興味があるわけではありません。しかし、根本的な物事の考え方が驚くほど似ているので、エルネスト・(チェ)・ゲバラ関連の本も、ついつい手にとってしまいます。また、軍事には無関心ですが、忍び寄り型の猟を好むことから、特殊部隊のテクニックには興味があります。それらのほとんどをAmazon経由で購入しているので、もしこの会社が購買者の傾向分析をして情報提供をしているなら、私は危険人物扱いではなかろうかと思われます。
最近購入した本だけでも、
「ネイビーシールズ実戦狙撃手訓練マニュアル」
「ゲリラ戦争」
「チェ・ゲバラわが生涯―ヒューマン・フォトドキュメント」
「現代の傭兵たち」
驚いた事に、この内の3冊が同じ翻訳家の手によるものでした。全くの偶然です。
[PR]
by oglala-beads | 2013-07-02 10:04