<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

department of COMMENSAL OF Ciconia boyciana

市の御職員が御高覧においであそばされた。
市にはとてもお世話になっているし、尊敬している有害捕獲の隊長の口利きだったので断れなかった。

良い勉強になった。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-31 15:38

徹夜進行の終わり

ここ一週間の睡眠時間は2〜3時間前後。
それにも関わらず、自律訓練法のお陰か、それともそれを応用させた射撃練習のお陰か(これについては日を改めて書くけど、多分知らぬ間に”気”というのか、”気功”に通じてしまったのだと思う)、ちっとも身体に影響が出ない。
今日は城崎で有害捕獲があったので、徹夜で仕上げて行こうとしたのだけれど、家を出ようとしたら雨で中止。
たっぷりと寝て、山の中の喫茶店でコーヒーを呑んで、鉄砲の練習をしてすごした。
明日からは少しペースを落として仕事。いよいよバングルだ。出来たものから作業日誌で公開して販売しますので、狙っていた方はお見逃し無く。ちなみに、色でなくご自身の手首サイズで選ばれた方が良いと思います。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-30 23:43

窓辺の鏡

窓辺の鏡はおそろしい。
よくニュースなどで見ていたのにやってしまった。
大事にならないでよかった。
e0114922_18535881.jpg

[PR]
by oglala-beads | 2011-10-27 18:54

may

徹夜進行二日目。急に斎藤由貴が聴きたくなる。CDを出してくる時間が無いので、YOU TUBEでMayを探す。
なんともいえない、ほっこりした、あまずっぱい、光がさすような・・・。ああ、力が抜ける。
高校生の時のデートを思い出すなあ。頬の産毛の感触さえ思い出せそうだ。この唄みたいな子だった。まるであの子が唄っているみたいだ。あの時、自分は本当にmayだったんだろう。それなのに要らんヤキモチを一生分やいて、使い果たしてしまった。

そういえばこれ、誰の曲なんだろう?ああ、谷山浩子か。彼女が唄ったバージョンもあるんだ・・・
ああ、これはすごいパワーだ。へろへろだ。
大学の部活を思い出すなあ・・・・・・・

平生釟三郎の銅像。
一本松。
学食のチキンカツランチ。
夜中に学生会館前の自動販売機でカップラーメンを食べていたら、イノシシの親子がやってきて何故か横でブイブイ言ってた。今にして思うと、ブタみたいなイノシシだった。ちょうど良いや、と背中にカップ麺を置いて、イノシシの背中をピチピチ叩きながら、両切りのキャメルに火をつけて、星に届く様にって、煙を吐いたっけな。
合宿はそういえば豊岡だった。
夜中のトゥッティーの時、ふと目をあげると、チェロ弾きだった彼女と目が合ったけな。











さ、鉄砲の練習して、次、次。
watch band ~ Alice in wonder land ~ のかがりだ。
てごわいぞ。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-27 01:34

ヘンコ

鉄砲をやっている人には、先日からのブログで、ああ、また馬鹿なこと考えとる、と理解してもらえると思うのだけど(銃身にスコープを載せようとしている件)、そう、僕の考える事は自由すぎというか、あまり枠とか因習とかにとらわれない方みたいだ。

先日、その件で鉄砲職人に電話をかけて改造が可能かどうか聞いてみた。友人に、あの職人は頑固だから、とは聞いていたが、聞きしにまさる頑固さと変わり者さで、一喝されるどころか足蹴にされて取り合ってもらえず、さらには不良修理で有名な某鉄砲店を紹介され、電話番号まで教えられた。
ところが、いったい何がキッカケになったのかは分からないものの、あんた、んで何で、そんなことやりたいの?と尋ねてきた。多分きまぐれだったんだろう。いや、自分にとってはそれが最良の選択と結論したから云々と答える。あんた、それ、どうしてもワシにやらせたいんか?ええ、その某修理店はともかく、都さんであなたの腕が良いと聞き込んだもので。ああ、その名前出されたら、断るわけにいかんわ。なんか方法考えといたる。来れる様になったら電話しておいで・・・

最初に彼が言った、ワシはそんな不確実な仕事はしたくない。職人やからなあ。それ以上に確実な方法があるのに、わざわざ劣ることなんぞ、出来んわ、という言葉に何だか笑ってしまった。いや、それは「おお、さすが職人さんだ」といった相手を低く見た様な、世間を分かった様な若造の笑いではなく、なんというか仲間に対する笑いに近かった。
彼は完成された、根からの職人では無く、迷いの中に居る職人なのだろうなと思う。そのとき、あ、この人、この仕事を受けるんじゃないかな?と思った。その瞬間、上の事を聞いてきた。なんていうのか、僕に近いタイプの人を見つけて、ちょっと嬉しかった。仕事を受けるイイワケがまた振るっているじゃないか・・・俺も今度、この手を使ってやろう。

同じ職人でも、仕事のとりかたには色々あって、僕の知人達にも、常に取引先にコンタクトをとり、非常にパワフルに立ち回って、人間関係を利用して(?)、人間関係を構築した上で(?)、仕事をもらってくる人が多い。ヤツは有名なヘンコ、と言われている昔の友人も、僕よりもよほど上手に立ち回っていた。
僕はそれが苦手、というよりも、まず、今電話して迷惑やないかな?僕が行く事でお客さんの夢を壊さんかな?とか考えてしまうし、何よりも、交友関係の中や、人間性で買って欲しく無い、と考えている。本気で欲しい、と思ったもの以外は買って欲しく無い。結果的に自分の方から取引先に営業をかけることはまず無いし、完璧に放っておいているのに近い。だから売れてる(と信じてる)割には同業者よりも受注は少ないと思うし、それにケチをつけることもない。武士は喰わねど高楊枝を地でいっている。
だから友達に売るのがものすごく苦手で、いつもどうやっていいのか分からない。オーダーもらった時になんて言っていいのか、まるで分からない。お金要らんねんけど・・・でいつもはじまってしまう。
ただ、あいつがこういうことしているから買ってやろう、という感覚で来られる時は凄くよく分かるもので、逆に本気で欲しがっている時も僕にはとてもよく分かる。
最近になって、僕の回りの人達が、うちの商品を本気で欲しがる様になってくれた。
なんていうか、本当に嬉しい。
どんなに突飛なことをしていても、揺るがずに年季が入れば、ヘンコも共感をうむヘンコになれるんだろう。
あと、まあ、それだけ商品がよくなってきている事を認めてやらなくちゃな。

頑張ったな。ヒロアキ君よ。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-25 15:21

痛恨の・・・

連絡:デイさん、メールが返送されて来ます。何か設定にトラブルがあるのでは?


木曜日は須磨綜合射撃場へ。
今年から、猟期前の事前練習が義務づけられた様で、普段閑散としているライフル射撃場は満杯の大にぎわいだった。幸い僕が愛用している1レーンが空いていたのでMSSの照準の詰めに入る。ところが、今までは腕や鉄砲の問題であまり感じなかった、射撃場備え付けの委託台の悪さが問題になり、どうしても寄せ切る事が出来なかった。むしろ何十発も消費してあがいた分、離れてしまったかもしれない。
帰宅してそれに気付き、良い委託台の必要性を痛感する。しかし今のフトコロ具合では他に必要なものも多く、そこに数万も投資するのが難しいため、考えに考えて土嚢袋を2枚重ねた中にコンクリ用の砂を20kg入れて、当分はこれを使う事にした。20kgの砂の量だと、土嚢袋が絶妙に余るので、高さの調整もやりやすいと思う。これを左右から挟み込む様な、何か大きな万力の様なものでもあれば、一発一発再調整する必要はあるかもしれないが、むしろ高価な委託台よりも安定感は上かもしれない。
870の照星を照門より一段上げる計画は頓挫。残念ながら調整範囲を越えていた。


日曜日は本降りの雨だったが、豊岡市の有害捕獲が出石であった。
普段なら中止になる状況だったが、豊岡市の狩猟マイスター制度の受講生が猟の実地研修に来るというのと、それにテレビカメラが同行するということで、決行となった様だ。山はスパイク長靴でもズルズルで危なかった。
小さい山を囲んだが、非常に鹿が多く、また僕は中待ちだったのもあって、常時鹿がグルグル回っている状況。ただ本当に小さい山で、見えないながらすぐ近くに他の人が居るのが気配で分かるので、安全な場所に陣取った状態で、安全に発砲出来る場所が極めて限られてしまう。見た鹿の数は延べで20は越えていたと思うが、撃ったのは一頭のみ。これだけ沢山に回られると、どれとどれが親子で、どれがはぐれたヤツとか、よく関係が分かる。そのうち段々回る数が減っていくので、ああ、途中で獲られたか潜む場所を見つけたのか、と想像を巡らす(小さいバンビの親子は無事逃げ切れて、待ちが解除になった時、僕の傍に居た)。

撃てる場所に飛び出して来たのが、この鹿が欲しいなあと思っていた個体だった。少し角度のついた正面から、一瞬で飛び出して来たので、仕方ないといえば仕方ないし、それにしては我ながら凄いな・・・と思うのだけど、間違いなく心臓を射抜いて背骨を砕いて骨盤に抜けたはずの弾が(実際にその通り着弾して血が噴き出すのを左目で見ていた)、ほんの僅かずれてしまっていたらしく心臓を逃してしまっていた様で、早く止めるためにもう一発撃たざるを得なかった。放っておいても数分で死ぬ状況だったが、早く楽にさせたかったのと、追って来た犬がかかる寸前だったのと、僕がその場を動けない状態だったので、頭を撃ち抜いた。1発で仕留められないとは・・・まさに痛恨だった。

メスにしては今までの最大記録かな、と思う大きな子で、その場で内臓を抜いたものの、血抜きの為に、いつもの様に樹にぶら下げる事が出来ない。当日に限って(どうせ雨で中止になると信じていたので)ナイフも滑車も袋も持っていなく、車載の角鉈とビクトリノックスしか持っていなかったので、そのまま山から持って下ろすことにした。いや、正確に言うと、今回の場合車までは登りだった。内臓を抜いているとは思えないぐらいに重く、おまけに雨で地面が弱くて本当に難儀した。さらに出口付近は背の高いササが覆っていて柵の切れ目がまったく分からず、ジムニが見えているのに辿り着けない。いったん鹿を置いて目印に赤テープを付けて単身脱出をはかるが、ササに混じってツルが非常に多く、恐ろしく難儀した。それでもなんとか車に辿り着き、そこから今度は目印の位置まで鉈を振るって道を作る。鹿まで戻って作った道を戻ろうとすると、今度は刈ったササが全部槍になって突いて来る。カーハートのレインコートとダブルフロントでなければズタズタになっていただろう。
全身本当にドロドロ。鉄砲も泥だらけ。いやもう、本当に、雨の日の捕獲は勘弁して欲しい。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-24 19:09

新しい愉しみ

気持ち良い天気だったので、休憩時間にジムニで山に。
紅茶をのんで下山。
e0114922_18215673.jpg




MSSの新しいスコープに完璧に満足したので、次は870をどうするか。
根本的にスコープが好きなのだけど、オリジナルの状態の照星・照門の頑丈さは過酷な現場での信頼に足る。
ただ、照星・照門だと相手が半分隠れてしまうので非常に撃ちにくい。これは特にスキート絞りの26"リブに付けているWILLIAMSの照星・照門の際に顕著で、サイト合わせすら非常にしにくくて困った。
それで、最初はバレルのリブにハンドガン・スコープを付ける事を考えたが(これはまだ断念していないけど)、耐久性に対する不安を拭えなかった。そこで、やはりバレルのリブにパララックスの無さからホロ的に使えそうなドクターサイトを考えたが、リブライダーがどうもディスコンの様子なので半分断念。rem7400用等、フラットなウェーバー・タイプのマウントをネジを立てて取り付ける事も考えたが、リブの半田強度が不安。次にバレルを断念して、レシーバーにウェーバーマウントを立てて、リューポルドの着脱可能なQRWリングでバリスの1-4倍ぐらいを考えたが、着脱式バレルの取り付け(これに関してはウォーターポンプ・プライアーを使って相当強く締め付けているので一切のガタは無いが)に不安がある程度の元々の精度でやるべき事かな、とも思う。また、正直いうと、照星・照門を極めてみたい。なんとかオリジナルの照星・照門で相手の全身を見る事が出来、かつ精密射撃が出来ないものか・・・

思いついたのが、照門が邪魔で見えない訳なので、照星が照門より一段上に上がった状態でサイトを合わせれば良いのでは?ということ。または、照星が大きいので、照星・照門の位置関係はそのままに、照星の少し上辺りに、自分で(見えていない)点を設定して、そこを、点がある積もりで狙うというのはどうだろうか・・・
こんなアホなこと、他に考える人がいるのかな?とウェブを検索してみると、どうも普通に行われていることらしい。ちょっとガッカリしたけど、考え方としては正しい訳だ。近々須磨綜合にMSSのゼロインの詰めに行くので、その際についでに、20"スラッグ・バレルは照星を一段上に、26”スキート・バレルw/williams rifle sightは一段上の任意の点仕様に変更してこよう。
目標はスムース・ボアで2と四分の三薬室の870で、100mを、オープンサイトで100%射程範囲に入る様にさせること。
最終的には、視力の弱さというディスアドバンテージすらも克服して、猟友会程度の大会であればオープンサイトの870で充分、と言える様になってやりたい。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-19 19:10

学習放獣

必ず一方からやってきて、反対側へ去ってゆく。
判で押した様に一方の扉しか使わない。
親子。
足跡は鹿。
食跡は猪。
果たして、どっち?

答えは、鹿でした〜

あ〜あ。

二度と里に来るんじゃないよ。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-18 18:50

切手

アシスタントは、切手集めが趣味の一つ。郵便局に行く度に記念切手を物色している。
出合の郵便局で売り切れている切手は高橋に行ったら売っている等、色々なワザを駆使して好みの切手を買ってきては嬉々としてコレクションブックに収めている。
主に永田萌とかピーターラビットとかの絵本系や動物系が多いが、中には天皇陛下なんとか記念とか、浮世絵とか。要は彼女の感性が選別のテーマになっている。
で、そうして集めた大切な切手をどうしているかというと、取扱店などに送る合計請求書等などに、これまた嬉々として貼ってしまっている。
そんな大切なもの大事にとっておけば、と僕なんかは思うのだけど、彼女はそれが良いらしい。
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-17 17:26

たのむで、熊たん

京丹後・豊岡合同有害捕獲。

なんで俺の待ちにばっかし熊来るんだ〜!

ブーブー鳴きながら(今にして思うと最初は犬だと思ったので、犬と猪を足して2で割った様な息づかい)2頭が笹薮を突き進んで僕の真後ろに来たので、子連れの猪だと思って疑っていなかった。
今までで最短距離だったなあ・・・
[PR]
by oglala-beads | 2011-10-16 17:57