<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

罠の講習会

メイン・ブログを作業日誌にしました。仕事のみに絞って豆な更新を心がけます。詳しくは昨日のエントリーをごらん下さい。

豊岡市主催の罠の講習会へ。各地区農会の罠担当者向けの講習会のはずだが、行ってみると顔見知りの駆除隊のメンバーが半数を占めていて驚く。それで内容が変わったのかもしれないが、せっかくの現地講習会なのに、各罠業者の宣伝会だってガッカリする。
マイコンだかで自動的に罠の中に入った鹿の数をカウントして、罠についている群れの数を自動的に学習して最大に近い頭数が入ったタイミングで扉を締める・・・という新型大量捕獲装置。どこの農会がこんなの買えるんだろう。
森林動物センターの稲葉さんの講義は、もう何度聞いたか分からない程だけど、今回も分かりやすくてためになった。止め刺しを鉄砲や刃物ではなく電気を使う、というのにはすごく興味がある。
今日の現地講習会は出石の奥小野地区だったが、非常に捕獲活動に熱心らしく、戸数たかが53の村で、ネットにかかった鹿を含めると年間捕獲数が、平成19年度37、20年49、21年75、22年66と、凄い数を記録している。そんなに獲っても居なくならないのか?というのが率直な感想だった。
で、現地講習がつまらなすぎたので、途中から双眼鏡で山の生え際を観察してみると、確かに他の村とは下層植生が若干違う事に気がついた。鹿の密度が落ちて来た際、どの程度の低下でどういった植生の回復が見られるのか、一度鹿を探しながら詳しく下層植生を見て回りたい。
どれだけ鹿を殺すか、減らすか、という行政の指針が信用出来ない以上、猟師の僕らが数字ではなくてこういう事からバランスを見つけていき、行政が過剰な駆除に走った際に待ったをかけることが出来る存在になっていく必要があると思うし、幸いにも全国的に、近い問題意識を持つ新しい猟師が出て来ているので、連携していきたい。

さて、うちの村の罠は・・・
ものすごい状態だ。バケツ一杯のジャガイモを一晩で完食しているわ、15kgちかいヌカも2晩経てば形跡も無い。シシが喰い残した分を鹿が舐めている。どれを獲ればいいのか、ていうか、何が入ってくれるのか。個人的には今からの時期の鹿の革が欲しいけど、被害防除の観点でいうと、ウリボウ連れたイノシシか。でもウリボウ殺すの嫌だな。誰か飼いたい人いませんか?ものすごく懐くそうですよ。そう、100kg越えてもスリスリしてくるそうです。経験者の話。
[PR]
by oglala-beads | 2011-08-26 19:14

作業日誌をメイン・ブログに。

先日、工房の開放日を検討している旨お知らせした際に、弊社のアクセサリーをとても愛して下さっているお客様から、

「実は日記に書かれていた工房開放のことが気になっていて、あれは誰でも大丈夫なんですか?
私はお店をやっているわけでもないし、狩猟関係のことも全くわかりません。
ただOGLALAさんのビーズがもっとみたいとゆうその気持ちだけでみれるのかどうか。。」
というメールを頂きました。

前々から思わないことも無かったのですが、やっぱりというか、ガーンと殴られた様な思いで、本当に申し訳無く思いました。
そこで、この様に返信させて頂きました。

「工房の公開日に関してですが、特に設定はしないことにしました。ですが、お客様をもてなす事が出来る様にはしたいと考えております。もしご希望ございましたら、今すぐには難しいのですが、ご要望頂けましたら幸いです。猟とか鞣しとかは、私としてはお客様に夢を見てもらうための一つの手段程度に考えており、本当に大切なのは出来上がった商品がどれだけ愛してもらえるか、ですので、そこに関しましてはまったく問題ございません。むしろ、ブログ等でそこを大きくクローズアップしているせいで、その様なご心配をおかけしてしまったこと、心から申し訳ございませんでした。反省して今後の指針とさせて頂きます。」

それ以来、工房雑記をどうするか、ちょっと色々と悩んでいたのですが、実際に猟や鞣しなどにロマンを感じて下さっているお客様が多い事も事実です。また、田舎暮らしや、由紀や僕の近況、コロやカレンのファンの方、鉄砲や猟が好きな方、僕のものの考え方を支持して来て下さっている方、さらには、僕の買物した内容に興味を持っている方・・・等、ほんとうに色々な方に来て頂いています。
生活そのものが作品に出る、と思うので雑多な内容を雑記してきましたが、正直、あまり商売には繋がらなかったのかな、とも思います。で、その中で仕事の事を含めていたので、いざ大切な仕事の話の時に、必要な方に読んで頂けなかった、という状態になりました。

で、解決策。今まではメインブログがここでしたが、これからはメインを作業日誌にして出来るだけ更新を豆に、純粋に商品の話のみにして、工房雑記は今まで通りの猟や鞣しや、自分達の生活に絞って書いてゆこうと考えております。

本当はもっと早くにやっておくべき事だったのですが・・・

というわけで今日から、メイン・ブログを作業日誌に移します。
皆様、今後ともよろしくお願いします。


まあ、これからは、こんな内容も出る様になる訳です。
e0114922_1455368.jpg

e0114922_1461377.jpg

e0114922_1463149.jpg

e0114922_1465940.jpg

e0114922_1471964.jpg

e0114922_1473673.jpg

e0114922_147557.jpg

e0114922_148828.jpg

e0114922_1481690.jpg

[PR]
by oglala-beads | 2011-08-25 14:08

badger claw necklace 第一陣&第二陣出荷

先週末にbadger claw necklaceの第一陣の出荷を完了しました。

普段は卸しがほとんどで、こうしてお客さんと直接やり取りする事が稀なこともあり、やはりとても緊張します。それだけに褒め言葉を頂けると、心から嬉しい。
作家活動をして、もう10年以上になりましたが、気に入ってもらえるだろうか、という緊張は最初と変わりません。むしろ若い頃の勢いが無くなった分、現在の方がそのストレスは強い様に思います。
幸い、第一陣は皆様に気に入って頂けた様で、過分な言葉を沢山頂きました。頂いた言葉に恥じない様、精進を誓いながら、本日第二陣を出荷いたしました。こちらも皆様に気に入って頂ける様、祈る次第です。

いくつかある爪のうち、お客さんの顔が分かったり、人となりが伺えたり、他の弊社商品のお好み等が分かっている方に関しては、その方の雰囲気に最も合った爪を選びました。その人の姿を念じながら選ぶと、不思議と、これ、という一つがハッキリと浮かぶものです。そういった手がかりの無い方に関しては、最も大きい爪から順に選んでおります。
それで、特大、というサイズのものは無くなりましたが、もともと非常に大物のみ獲るトラッパー(罠猟師)らしく、すべてが標準以上に大きかったので、まだ現在はネックレスとして見栄えのするサイズの爪が揃ってます。
見栄えがするものが無くなり次第、再販を終了させて頂きます。
[PR]
by oglala-BEADS | 2011-08-22 17:50

badger claw necklace 再販開始

e0114922_14542147.jpg


badger claw necklaceを、本日から再販いたします。詳しくは本日の作業日誌をごらんください。


今回のbadger claw necklaceはすべて同じ、h122009のOGLALAブレインタンで制作しますので、恋人など大切な人とお揃いで持つ等、特におすすめします。なお、ペアで持たれたい場合は、お申し込みの際にそのむね記載頂けましたら、出来るだけマッチングした爪を選ばせて頂きます。ただ、もともと数が少ないので、マッチングした爪が売り切れてしまった時は、どうかご容赦下さい。
[PR]
by oglala-beads | 2011-08-17 14:55

あわただしく

作業日誌を更新いたしました。「出荷情報(new deal)


慌ただしい一週間だった。経過した日数の感覚がまったく無いので、常に時計のカレンダーとスケジュール表とを対比して動いていた。その中で予定通り出荷出来ているので、現在取り組んでいる業務改善計画が軌道に乗り始めてきたのだろう。

木曜日は神戸で仏事。風邪が一気に吹き出したので、それ以外の時間をひたすら寝て過ごす。

金曜日はいつもの須磨綜合射撃場へ。だいぶ熱があったが、今月の課題は少しずつ克服出来ているのを確認出来た(1、フリンチング癖の克服 2、自然狙点を的に向けること 3、射撃の自動化(繰り返し何度でも同じ事が出来ること) 。
来月までの目標はガク引きを直すこと。フリンチングが10に1でもまだ出ているので直す。これまでマスターした事の見直し。自然素点を的の中心に向けること。何度か眼鏡にスコープがぶつかったので、顔をもう少し起こす。
e0114922_19284792.jpg

MSS-20、立射、猟用アポロ・スラッグ10発。9x3, 8x6, 7x1. スラッグ的紙。


明日、明後日と休み。ゆっくりと寝て風邪を抜くのが仕事。
[PR]
by oglala-beads | 2011-08-14 19:37

作業日誌の更新

作業日誌を更新いたしました。「出荷情報
e0114922_13364975.jpg

[PR]
by oglala-beads | 2011-08-10 13:37

工房開放日に関してのお詫び

思った以上に沢山ご興味の連絡を頂いたのですが、考え抜いた結果、現段階では工房開放日は設けないことにしました。
事情を説明する義務があると思うのですが、とても感覚的な事で、上手く言い表す事が難しいです。かなり違う気はするのですが、今度の事を考えるにあたってアトリエは自分にとって神聖な場所だということに気がついた、というのが若干近い、わかりやすい言葉かと思われます。でも、決して誰かが来る事で穢れる、などとは思っていません。ご理解頂けると幸いなのですが。
そういう事情ですので、またもしかしたら気が変わる日が来るかもしれませんが、現段階では、オーダー等のご相談に関しても、工房ではなく、今後はどこか近くの喫茶店等で、という形にさせて頂きたく思います。誠に勝手申しますが、どうかよろしくお願い申し上げます。
かわりには到底ならないと思いますが、また後日ちかいうちに、最近のアトリエを写真で紹介させて頂きます。
[PR]
by oglala-beads | 2011-08-08 13:02

配偶者、帰省

e0114922_1940542.jpg

自慢のサビだらけのMTの猟車で。
[PR]
by oglala-beads | 2011-08-06 19:41