<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

休日

今日は休日。

由紀孝行として、僕のオゴリで喫茶店のモーニングに行く。普段は僕は一切お金を持っていないけど、有害捕獲で出たお金は僕持ち(正しくは猟用の資金)になったので、そういう事が出来る様になった。コロとカレンが仲良しになったので、由紀と二人の時間も最近増えてきた。

山向こうの相田の谷の奥にヒッソリとある、静暖の里という喫茶店に行く。播州方面から来られた脱サラと聞いたことがあったが、そういうのにありがちな、上質を売りにした押し付けがましさと能弁さがなく、かつ全てが行き届いていて、とても良かった。


休日は、普段出来ない事がしたい。色々と計画していたのだけど、それらを放棄して、鉄砲の練習と寝る事に費やそうと思った。でも結果的に、ライフル教本と地図を枕に、鉄砲を抱いて一日寝て過ごした。

もらった鮎とサザエを焼いてもらい、もらったビール券でプレミアム・モルツを呑む。もらった山椒の佃煮でご飯を食べる。
窓の外で、知らない生き物が鳴いている。知らない生き物が一歩外に居るというのが良い。コロとカレンが吠えている。吠えたいだけ吠えさせている。一歩外には・・・鹿だって、イノシシだって、熊だって、居る。皆、皆、愛おしい。

良い一日なり。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-30 21:45

ぶちぶち

作業日誌、更新です。「new deal、naps!、出荷

ここ数日、俺の人生、これでええんやろうか?と、ぶちぶち悩んでいる。自省も多い。でも、このブログにしてもそうなんだけど、支出の割に身入りが少ない、というか、吐き出すものの割にリターンが本当に微々たる人生。御中元とか、もらう数の3倍以上はおくってるよナ。
商品のコピーは昔からされていて、有名税、なんて言われているけど、最近は僕の人生までもコピーされる様になったらしい。なるほど、そういう人は僕の陰に立っているから世間からの逆風を感じる事も無いだろうナ。ああ、しんど、ものすごく大変な思いをしたことは、みんな、そんな、僕よりも自分を高く売るのが得意な誰かに持っていかれているワケだナ。ごくマレに尊敬してる等メールをもらったりすると、それだけで数年は元気一杯なのだけど。

ぶちぶち、ぶちぶち・・・
ぶちぶち、ぶちぶち・・・

ぶちぶちとハンドルを握って、福知山まで、カラスの駆除の弾を買いに行く。
途中、

この道は 人も獣も通る道

という標語を見て、ぶちぶち、が、ぶちぶ、ぐらいになった。
行きつけの火薬屋さんで、ちょうど探していた、リブに取り付けるfire sightを発見。あれ、値段付けてないわね、次来るまでに金額出しとくわ。お安くしとくから、と言われて、ぶち、ぐらいになる。
ふくちあん、でラーメンを食べて、ぶ、ぐらいになる。
コロにおみやげを買いに寄ったペット用品店で、コロ用のUVゴーグルを見つけて、、になる。
帰宅したら、モモちゃんのお母さんが、お父さんのおみやげだ、と言ってサザエを持ってきてくれて、♪、になる。
散歩してたら、ヒトシさんが、ニヤニヤ笑ってビニールを差し出す。鮎が沢山。いや、最近なかなか売ってないだでな。あったから買っといたんだわ。♪♪、になる。
鉄砲の担当警部さんがやってきて、温泉に行った時、売ってたんだわ、お土産。ごはんにかけて食べ、と、ようか名物、朝倉山椒つくだに、をくれた。♪♪♪、になる。

俺の人生、きっと、これで良いんだわ。

いろんなこと、いつかきっと。

うまく言えんけど、報われる、かも。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-29 19:57

目眩を克服か

目眩の原因の一つに、12番のスラッグの衝撃と音の影響もあるのでは、と思う。
まずは無線にイヤホンを付け、鉄砲があたるほうの耳に付けることにした。僕はイヤホンが嫌いなので、今までは耳に近い左肩に無線を固定して、小さい音で聞いていた。それでも動物に悟られることが無かったのだけど、耳栓代わりだ。効果はあった様で、耳がキーンとはしなかった。周囲の音に集中したいときは外せば良いし、そうでなくても取れかけの状態で耳に引っ掛けておけば違和感ない。弊害は、たとえ外しかけの状態でも、ちょっと定位というか、音の来る方角が分かりにくくなって、何度も左からの音を右からと勘違いした。慣れとかいう問題ではなさそうだ。
衝撃の方は、頬が当たる銃床にパッドを入れた。3mmほどしかない薄いものだが、これも効果があった様で、撃った直後の頭がシャーーーンと白くなる感じが無かった。こちらも弊害・・・というか体が覚えるまでの慣れの問題と思うけど、照星が浮いて弾が若干上に着弾していた。

今日の駆除での僕の射獲は1頭。撃った瞬間崖を転がり落ちて行ったので即死は即死だったのだけど、心臓を狙ったのに弾が浮いて背骨と界隈の内臓を貫通していた。立派なオスだったが、但東の鹿は小型だから、自分の持ち場まで引きずってきて、待ちながら剣鉈で皮を剥く。急いで10分ほどで剥けた。途中一頭抜けが来たが、迂闊に立ち上がってしまったせいか、それとも血の匂いでか、気付かれてしまった。
毛皮にしても綺麗だし、ほどほどの薄さの良い革にもなりそう。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-25 21:12

地域貢献

朝7時。農事部からの電話で起こされる。地域保全隊の日役に出れないか、とのこと。え、いまからですか、うん、いつもどおりで8時から。だいぶ制作の予定がおしているので躊躇したが、有害捕獲で村の用事に出られないことも増えてきたので、頑張って出る事にした。
地域保全隊は今年もひまわりとソバ。今日はそのうちのひまわりの肥えと種まき。前回の日役の時にひまわりを植える休耕田に鹿ネットを張った。去年は無防備にして、鹿に食べられて全滅だったらしい。鹿ネットはポール際で180cm程度で、低い所では150cmを切っている。また、ここはまずいよなあ、という場所を一部伝っているので、もし鹿が本気でひまわりを食べたければ充分入る事が出来る。どうなるか、興味深い。
突然のことだったので、日役の参加者は僕を入れて3人。一人がトラクターを使い、残る2人で鶏糞を撒いて、種をまく。非常に湿度が高い上に気温が35度を越えてきたので辛かったが、楽しい作業だった。

New Deal 向けチェイン製作中。中厚の皮を2頭水で戻し中。

明日は豊岡市の一斉有害捕獲で但東地区。またまた熊の多い場所。
それにしても、これだけ地域貢献している転入者も珍しいのではないだろうか。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-24 19:35

難しい事は考えない

作業日誌を更新しました。peyote earrings - '11 early summer - の受注開始のお知らせです。


昨日、豊岡農林事務所の主催する、集落の農会向けの、罠の捕獲効率を向上させるための講習会に参加してきた。それなりに面白かったし、特に農林事務所の上田氏が自分の罠に仕掛けたカメラの動画は非常に興味深いものだった。餌を箱罠に入れ、トリガーをセットしているすぐそばでイノシシがそれらの作業が終わるのを待っている。上田氏が離れた瞬間、箱罠に飛び込んで行く様子は本当に驚異的だった。


最近頭が固くなったなあと思う。ちょっと難しい事を考えようと思うと、なんだか頭の中が白く奥行きが無くなる。
鉄砲のスコープの照準のダイヤルが難しい。なんでレティクルを下げたら着弾点が上に行くんだ・・・等。散々考えて、こっち向き、と動かしたら、いつも逆さま。もうあきらめて、理屈は考えないで、ともかくup方向に回せば着弾点が上に行き、right方向に回せば着弾点が右にずれるんだ、と素直に納得することにした。でも、まだきっとよく分かっていない。いつか理解しないといけないのだけど・・・頭が真っ白だ。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-23 19:42

コウノトリ、悠然と。

日曜日は村の日役。体調が優れなかった上の高湿度のせいか、今までに無いぐらいに疲れた。そんなぐらいだから、重たい鉄の杭打ちで指を挟んだり、肩に落下させたりと、生傷がたえなかった。


本日月曜日、由紀は村対抗グランドゴルフの試合に午前中出て行った。グランドゴルフといえば、死んだ父がボランティアの体育指導員として黎明期を支えた中心メンバーの一人だったので、とても感慨深い。
由紀の成績の方は、前回の13という数字が嘘の様に倍以上たたいたそうで、奥深いと唸っている。村自体似た様なもので全員ドングリの背比べみたいだったらしい。最初から優勝を狙う様な村でなくて良かったなと思う。
応援に行く予定だったのだけど、カレンが少し体調が悪そうなのと、僕自身が非常にしんどくて少しおかしかったので午前は寝かせてもらった。起きた後は調子が良かったので、ここ最近の体調不良は疲れか風邪だったのだろう。

町からの駆除報酬は振込で、JAバンクだと有難いとのことなので、口座を作りに行く。

技能講習の合格証書を受け取りに、出石警部出張所へ。とても良い担当刑事さんで、いつも面白い話を沢山聞かせてくれて行くのが楽しみなのだけど、この人もいつか移動してしまうんだろうな、と思うと何だか今から寂しい。

狩猟免許の更新申請に農林の豊岡事務所へ。ご無沙汰している知り合いのAさんと久々に話をする。Aさんが高槻先生の本のレビューをアマゾンで書いておられて驚いた、という話をする。

豊岡に越して1年がたったのにコウノトリを見た事が無かったので、コウノトリの郷公園に寄る。周辺の田んぼに結構な数が居た。さすがに大きいとは思うものの、たんぼに居る姿を見る感じ、アオサギより極端に大きいとは思えない。それが飛んだ瞬間、うわっ、大きい!と、由紀と歓声をあげた。その大きなコウノトリが悠然と空を舞い、周辺のたんぼで餌を探し、その回りで特に彼らに感心をはらうことなく農家が仕事している姿は、ちょっとなにか胸をうつものがあった。関わる人達には敬意を表するものの、個人的には絶滅した動植物を復活させることには否定的なのだけど、それでもウっとくるものがあった。

市内には無線屋があると聞いていたので、寄ってみる。有害捕獲で使っているアルインコの144MHZ用に、2ピンマイクを1ピンに変換するコネクターか、または1ピンのマイクが欲しかったのだが、アルインコ自体の取り扱いが無かった。このアルインコの無線には本当に苦労させられる。それでも僕はニッカドの特性が理解出来るので、一回の充電で1日の有害捕獲に予備電池を用意しないで済んでいるのだが、同じ機種を買った人は、そのほとんどが違う無線に買い替えている。メーカーもニッカドの設定を無くしてリチウムのみにするべきだと思うし、販売店も、高くなると買わない人が増えるとは思うが、多少大きく重くなったとしても、ニッカドのセットを売らないのが良心だと思うのだが・・・。猟を知らない人が売っているのなら仕方ないが。

帰路、出石の図書館に寄り、ついでに由紀がクレープを食べる。体調もだいぶよくなってきたので、明日から一枚、中厚も皮のなめしにかかる。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-20 20:48

ここ数日

水曜日に神戸に帰宅。帰宅?まあ実家だから帰宅で良いのか。
予約していた眼科で非常に嫌な思いをさせられる。また、街の人と合わなくなってきている。早く但東に戻りたかった。18時を過ぎても熊の心配をせずに出歩けるなんて非現実的だ。

予定通り、木曜日は、一日寝て、起きてはスターチャンネルで映画を観たり、スナック菓子を食べたり、本を読んだり、鉄砲の練習をしたりして一日を過ごす。

金曜日は朝から射撃の技能検定を受けに行く。段々スキートの撃ち所が分かってきた気がする。検定自体は、僕以外は皆バリバリにスキートをやっている人らしい中で嫌だったが、試験官に、それ(870)スラッグ銃身だよな?・・・よう当たるなあ、と苦笑いされる位は撃てた。
検定終了後にライフルレーンでスラッグの練習。最近はいつも満員で、もう慣れたものの、今回は両側に308ライフルに囲まれて辛かった。音圧でレーンを隔てるネットが跳ね上がり、自動銃なものだから、熱い空薬莢が僕のところまで飛んでくる。
前回照準をついに満足出来るほどに詰める事が出来たので、今回は立ち撃ちでのフリンチングの克服が課題だった。ところが一発目から大いに下に落ちる。気にせず5発打ち込むと、落ちたところ(ライフルの的の、キッチリ6時部分の1点)でグルーピングしてワンホールが出ている。これはきっとスコープがずれたな、と、ネジを確認するが緩んでいない。委託して3発撃つと、キッチリと10点で3発ワンホールだった。毎回まったく同じ量だけフリンチングするなんて、それの方が凄いんじゃないか、と苦笑いしながら、落ちる量を計算に入れて撃つ。ワンホールは出なかったが、10発撃って全部黒点内に収まった。猟期までになんとかフリンチングは克服するとして、当面はこのドロップ幅をスコープのレチクルで調整して撃てば、ローカルの射撃大会ぐらいは何とかなりそう。練習の成果も確認出来たし、何よりMSSの凄さを段々と引き出せる様になってきて、とても嬉しかった。上機嫌で、今度は但東に、帰宅。

土曜日、有害捕獲。先週の隣山。ところが入ってすぐに今年の子を連れた母熊が出る。大事をとって場所を移動。前回と同じ山。そこでもやっぱり熊が出たものの、無事に囲いの外に出てくれた様だ。終了間際に僕の待ちに一頭だけの抜けの鹿が出たが、痩せたメスで色々と考えてしまう。赤ん坊が待ってるんだろうな・・・と思いながら引き金を引く。・・・南無阿弥陀仏(うちは真言宗だけど)・・・師匠のタツさんにいつも、ちょっとでも迷いがあったら外れるよ、と言われているが、本当にその通りで、外すはずの無い距離が当たらない。さて、そうなるとムキになるのが、業というか性なのか、全力疾走しはじめた鹿の、スピードが少し弱まったところでもう一発撃つのだが、今度は本気で当たらない・・・。これは赤ん坊が固形物をとれる様になる時期まで、アカンかもしれんな、と、苦笑いしながら山を降りる。
4月度の駆除手当が出る。思ったよりも大きな金額で驚く。射撃場とか、狩猟税とか、免許の更新とかが、家計の少なからぬ負担だったので、それを、補うには少し足りなさそうだが、それでも少しは射場に行くのに気を使わなくて済むだろう。
[PR]
by oglala-beads | 2011-06-18 22:39

人の心配をよそに

作業日誌を更新しました。「出荷情報


向かい山でカラスが騒ぎよる、ありゃきっと何か死んどるで、とヒトシさんに聞く。確かに確かに、結構騒いでいる。で、前々から思っていたのだけど、カラスって、12時(正午)から1時までの間は鳴かない様だ。それまで、そしてその後も散々騒いでいるのに、その時間だけはとても村が静かになる。

荷物を出荷して、次に罠をかける場所を何カ所か見に行く。どうも帯に短し襷に長し、といった風情で決めかねる。
先週大きいのを獲った罠。他にもかかりそうな気がする。それであれ以来放置していた。今日は餌付け用のヌカを入れに行った。驚いた事に残っていた餌が綺麗に無くなっている。まだイノシシが居る様だ。しかも罠に入っている。なんとなく、ちょっとこれは獲れなさそうな気がする。

ふと見ると、罠の鉄柵の一部が凹んでいた。どうもスラッグが当たってしまっていたらしい。気を付けていた積もりだったが、やはり冷静さを欠いていた。きっと慢心もあっただろう。恐怖心も必要以上だったし、変な慈悲心もあった。でもこれからは罠をセットした時点で、もっと心を一つに集中する必要がある。こんな甘ったれた、馬鹿ッタレた弱い心で、今回はよく事故にならなかったものだ。銃口を出たフォスター・タイプのスラッグ弾は、数10センチ先(1mあったかもしれない)で鉄柵に当たって、まっ二つに割れて、大きい方がイノシシの側頭に入り、もう一つが前脚に入ってどこかで跳ねて、柵の後ろに当たった様子だった。


誰かが熊を目撃したらしい。今日ウロウロしていても結構真新しい跡があったのだけど、向こうはかなり人に気を使っている様子。人側がもっと熊のことを知る事で、このまま事故無く、お互い笑える関係であったら、と願うのだが。
[PR]
by OGLALA-BEADS | 2011-06-15 00:18

新しい箱罠

めまいがずっと抜けないので、昨日、合橋診療所に見てもらいに行った。
耳石が剥がれ落ちて起こる症状だそうで、大きな目眩が治ってからも数日は宙を踏んでいる様な気分の悪さが続くとのことだった。
しばらく熊が多い地域での駆除が続くので、もう起こらない事を祈るばかりだ。
正直言って、主を殺した罰か何かか、と頭をよぎらないでは無かったし、似た様な話を狩猟関連の昔話でもよく聞く。数日寝込む、というのも似ているが、昔話も耳石が原因だったのだろうか。

村の新しい箱罠が届く。
ここに置こうという場所を決めていたが、200kgもある罠なので気軽に移動させるわけにもいかない。設置して最初だけとか、数ヶ月に一回しか獲れないのも、僕としては、不本意なので、独立した小さな群れが沢山通る場所を慎重に探すことにした。
非常によく研究された罠らしく、例えばメッシュの横線が外側になる様に組まれているので、熊が入っても安全な確立は高い。ただ起動装置がちょっと特殊なもので、動物から違和感の無い様に作られていて優秀なのだけど、違和感ある起動装置に慣らすことで特定の個体を獲ることに成功したので、使いこなせるか不安だ。逆に言うと、置きっぱなしにして何かしら獲れたらラッキー的な使い方には良いのだろう。現在運用されている罠はほとんどがその様なので、ニーズをよく研究されたもので凄いと思うし、あまり難しい事を考えずに運用した方が良いのかもしれないが、それだと僕の性格には少し合っていない様な・・・
[PR]
by OGLALA-BEADS | 2011-06-12 18:14

FUNNY IMP店、飯村さん退社

このブログでも度々登場していた、FUNNY IMP店の魔王こと、飯村さんが今月20日で退社されることになりました。










残念です。
[PR]
by OGLALA-BEADS | 2011-06-10 19:12