2007年 06月 25日 ( 1 )

The Oglala Deer Skin

自分でなめした革を初めて使った。
思った以上に薄いが、案外と腰があって土台のヘタリが少ない。
Medicine Necklace Porch等の小型袋物にピッタリかもしれない。
理想はもう少し厚いことなのだが、腰があるおかげで技術でカバー可能な範囲だ。
なにより、今はもうアメリカから入らなくなってしまった、僕のファミリーが使っていた革と本当に同じ癖に仕上がっていたので笑ってしまった。
多分、最後、革を柔らかくするステージの手順が同じなのだろう。そして、その革を鞣していたショショーニ族のおばあさん、かなりの年季と聞いているが、下手というか適当だったのだろう。でも、その下手さ、適当さこそ、僕が求めていた革なのだ。
つまり、今後の課題は、いかにして下手なままでいるか(笑)。これである。
e0114922_17373870.jpg

非常によい雰囲気に仕上がった。

初物は、この鹿を解体してくれた、タツさんに。

関連記事作業日誌6月25日2007年「素材変更のお知らせ」
[PR]
by oglala-beads | 2007-06-25 17:49 | 素材関連