新しい車(古いけど)

先日、神戸からの帰路、愛車のレガシーBG5が冷却水漏れを起こして、アクサのロードサービスのお世話になりました。神戸の修理工場に預けて、保険会社が用意してくれた代車で豊岡に帰りながら、なんとなく今回こそはもう駄目かもしれないと思いました。一昨日、出来上がった車を引き取りに行った際、良心的な工場でしたが、そろそろ寿命が限りなく近いですよと忠告されました。
古い車にとっては、六甲越え、有馬街道は最も難所です。まともに行ったら危ないかもしれないので、夢野から旧西神戸有料を経由して鈴蘭台に出るコースで、なんとか騙し騙し豊岡まで帰宅しました。
ところで今春から、私は結構車を使うことになります。そこで山車のジムニーを一度点検整備しておいてもらおうと、但東の行きつけの車屋さんに持って行って、その旨を伝えました。

「岡居さん、正直、もつかどうか、分からんで」

ああ、ジムニーもかいな。なんぞ私のフトコロと使用具合に合う、安心して乗れる車ないやろか?
クーラー無いけどいい?
それは私がずっと欲しかった、ホンダのアクティーHA2でした。
しかも安くしてくれた上に、支払いも優遇してくれました。
田舎では信頼関係は宝物と実感しました。
私が普段から町の公共交通のボランティア運転手とかしているので、応援してくれたのだと思います。

ああレガシー。9年乗りました。婚約と同時に7万キロで購入して、ずっと夫婦と共にありました。今では15万キロ。途中コロが来て、カレンが来て、福ちゃんが来てレディーが来て。引っ越しでも大活躍。田舎物件探しでは一緒に兵庫じゅうを走り回った。
多分に情緒的で、道具も家族同様な私にとっては、どんな別れでも悲しくないはずがない。

車検は来年の10月まで。それまでにどれだけの事が出来るか。
せめて新しい出会いは笑顔で写真に撮っておく。
悲しい事がよそであっても、一緒に居る時は、ずっと笑って、笑わせていたい。

e0114922_10342373.jpg

[PR]
by oglala-beads | 2014-04-03 10:40
<< It's got to... 相手の大きさ >>