相手の大きさ

傷口からまだ血が流れている状態だが、レディーが山に連れて行けとうるさい。遊びに来た駆除班の先輩達からも「大した犬だな」と感心されている。
今日は雨だったので、そんなレディーも工房に上がり込んで、一日中ストーブにへばりついていた。

e0114922_2081776.jpg


尻の部分の牙跡を測ると、中心から中心まで9センチあった。猪は頭蓋骨のサンプルをとっていないので残念な事に大きさが特定出来ないが、今年獲った最高の80キロちょっとのものがそれぐらいだった。
尻の牙跡は、写真で見えている赤いところと、尻尾の付け根の白くなっているところがそれである。白い方は擦っただけに見えるが、実際は深くえぐれていて、筋肉を貫いて骨に当たっている。
腹のところの怪我は見えているところから入って、背骨辺りまで皮が捲れ上がっていた。腕の付け根辺り(心臓辺り)に乱れた毛があったので、その突進の時は反対の牙はその辺りを擦った様だ。
[PR]
by oglala-beads | 2014-03-30 20:15
<< 新しい車(古いけど) 三椏の谷 >>